×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脂肪肝を改善しよう

アルコールの分解機能が低下すると

・肝臓に蓄積された極度の脂肪により、炎症を起こし、肝脂肪が破壊されます。肝臓が自己を修復しますが、炎症と修復を繰り返すによって、肝臓に硬化組織が作られ、アルコール性の脂肪肝は、肝硬変に移行する場合もあります。

スポンサードリンク

肝硬変とは
はじめのうちは自覚症状の少ない脂肪肝ですが、脂肪肝が進行してくると、右上腹部の痛みや膨満感、食欲低下といった症状があらわれてくるといわれます。
更に進行すると、倦怠感や胸やけ等の症状も強くなってきます。


脂肪肝になると